プロミスの申込受付は「何時から何時まで」って知ってますか?

24時間申込できる方法や急がないと申込受付時間に間に合わない方法もあって、今日中に借りられなかった人も多くいます。

プロミスは即日融資が出来るカードローンなので、今日中に借りるための時間や必要書類を詳しく解説していきます。

このページで分かること
  • 申込の受付時間
  • 審査時間
  • 即日融資で必要になる書類
  • 即日融資で借りる方法

申込受付している営業時間

プロミスの申込できる営業時間は申込方法によって違うので、それぞれの営業時間内に申し込みするようにしてください。

申込方法 営業時間 休み
インターネット申込 24時間 年中無休
自動契約機 8時~22時
※一部営業時間が異なる
年末年始
店頭窓口 平日10時~18時 土・日・祝日
電話 9時~22時 年末年始
郵送

インターネット申込の受付時間

パソコンやスマホで申し込むのがインターネット申込ですが、24時間休みなしで365日申込できる特徴があります。

仕事中や仕事終わりはもちろんですが早朝や夜中でも申込できるので、自分の時間に余裕があるときに簡単に申し込めるので1番利用者が多い申込方法になります。

申込受付している営業時間が最も長いので、プロミスで申込するおすすめの方法です。

自動契約機の受付時間

プロミスの自動契約機の看板を街中で見ることがあると思いますが、営業時間は場所によって違いますが「8時~22時」で申し込みを受け付けています。

年末年始など特別な祝日以外であれば、土日でも営業している自動契約機なので、仕事が休みの時でも必要な時に申し込みに行けます。

営業時間内に契約出来れば「その場でカードを受け取れる申込方法」なので、すぐにカードが欲しいと思う人は営業時間内に申し込みするように注意してください。

店頭窓口の受付時間

窓口にいる担当者と直接話しながら申し込める店頭窓口に申込方法ですが、土日祝日は休みになっているので、会社が休みの時などに申し込めないです。

さらに、営業時間が「10時~18時」なので会社終わりに申し込みに行こうと思っても、すでに営業時間を過ぎてしまっている可能性が高いです。

店頭窓口の数が少ないので、申込方法としてはおすすめは出来ません。

電話の受付時間

プロミスは電話でも申し込めるカードローンで、受付可能な営業時間は「9時~22時」と長く土日祝日でも申し込めます。

店頭窓口が近くに無いけど、担当者と話しながらプロミスを申し込みたいと思う人には最適な申込方法でしょう。

郵送の受付時間

プロミスの公式サイトやプロミスコールから申込書を貰えるようになっていますが、プロミスで郵送で届けるだけで良いの、受付時間などはありません。

しかし、プロミスの申込方法の中で唯一即日融資が出来ない方法で、郵送に時間がかかり審査回答にも時間がかかるので、急いで借りたいと思う人には向いていないです。

プロミスの審査回答の時間は「21時まで」

プロミスの審査結果を回答する時間は24時間ではありません。

プロミスの審査回答時間は「9時~21時」、21時を過ぎた審査回答時間以降の申し込みは当日中に審査結果を分かることは出来ません。

ネット申込や自動契約機など21時以降でも申込できる申込方法もありますが、すぐに審査結果の連絡があると思わないようにしましょう。

審査時間は「最短30分」なので受付時間ギリギリは今日中に分からない

「今日中にプロミスから即日融資を受けたい」と思っている人は多いです。プロミスは即日融資が出来るカードローンなので。

しかし、審査回答時間の21時ギリギリに申し込んでも、申込当日に審査回答される可能性はゼロです。

プロミスの審査時間は「最短30分」なので審査回答を今日中に受けたいなら、20時30分には申し込みを完了される必要があります。

申込内容や申し込みが混雑していると審査時間が延長してしまうことも多くあるので、遅くても「20時まで」には申込完了するのがおすすめです。

借入方法による受付時間

プロミスでは次の2つの借入方法はあります。

借入方法
  • ATMでキャッシング
  • 振込キャッシング

どちらの借入方法も受付時間があり、即日融資で借りたい人は時間に注意しなければ借りることが遅れてしまいます。

ATMの営業時間

プロミスカードを利用してATMの営業時間内に行けば、現金をすぐに引き出して借りることが出来ます。プロミスが利用できるATMは「プロミスATM」と「提携ATM」の2種類ですが、営業時間は異なります。

ATMの営業時間
  • プロミスATM:7時~24時※
  • 提携ATM:原則24時間

※一部営業時間が異なる

自動契約機でカード発行するとATMが利用できます。

プロミスATMは自動契約機に併設されているので、自動契約機の22時までに営業時間までにカード発行すれば十分間に合う時間です。

提携ATMはコンビニATMや銀行ATMがありますが、24時間営業していることが多く深夜や早朝でも現金を引き出すことが可能です。

振込キャッシングの受付時間は「24時間」「平日14時50分」の2通りある

プロミスに振込依頼を受付時間内にすれば当日中に振り込まれるので、即日融資が可能になります。

ですが、振込先となる銀行口座の違いで、24時間振込できる「瞬フリ」平日14時50分までに振込依頼をしないと即日融資が出来ない「通常の振込」の種類があります。

24時間振込可能な瞬フリは、モアタイムシステム対応の金融機関口座が対象でメンテナンス時間外であれば「約10秒」で振込キャッシングが出来ます。

瞬フリに対応している金融機関は約200あるので、即日で口座にお金を振込されたい人にはおすすめです。

通常の振込キャッシングは平日14時50分までに振込依頼をしないと即日融資は出来ないので、平日13時までには申込完了させた方が良いです。

プロミスの受付時間内に確認しておくべきこととは?

プロミスの「受付時間が何時までか?」だけを注意しているだけでは、即日融資で急いで借りたい人が今日中に借りられない可能性もあります。

受付時間以外に気を付けておくべきことは、次の3つがあります。

気を付けること
  • 在籍確認は可能か?
  • 必要書類は揃っているか?
  • 審査項目の条件に当てはまるか?

在籍確認ができる時間帯なのか?

プロミスの申込を完了させると審査を行う際に職場への在籍確認が行われます。

在籍確認は、実際に申し込みで登録した勤務先情報で働いているのかという確認作業になるので、プロミスから職場へ電話連絡があるのは確実です。

在籍確認で気を付けたいのは、在籍確認が出来る時間帯なのかということです。

勤務時間中であれば本人だけでなく職場の同僚などでも十分在籍確認は可能ですが、審査時間が21時まであるので、勤務先の営業時間外に在籍確認が行われる可能性があります

遅い時間帯に申し込みをすれば営業時間外になる可能性は高く、在籍確認が出来なければ審査に通ることは出来ません。

在籍確認に関する相談は事前に行いましょう

どうしてもプロミスを申し込みする時間が遅くなり、在籍確認が出来ない可能性が高いのであれば、申込完了後にプロミスに在籍確認の相談することをおすすめします。

時間だけではなく、勤務先が個人情報が厳しい職場の場合、申込者本人が働いていても「個人情報なので答えられない」などの返答をしてしまうと、在籍確認が取れない内容になります。

プロミスでは電話連絡以外の代替策を提案されるケースも多く、相談する方が不安にならないでおすすめです。

必要書類は揃っているのか?

プロミスでは契約する段階で必要書類を必ず提出しなければいけません。契約に必要な書類が「揃っていない」「不備がある」と契約手続きに時間がかかったり、最悪契約出来ない場合もあります。

プロミスの必要になる書類
書類 内容
本人確認書類
  • 運転免許証、
  • パスポート、
  • 個人番号カード、
  • 健康保険証+住民票など
収入証明書
  • 源泉徴収票、
  • 確定申告書、
  • 税額通知書、
  • 所得(課税)証明書、
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)

全ての書類は最新で有効期限内のものを用意すれば良いです。

収入証明書はすべての人が提出必要はありませんが、次の2つのどちらかに当てはまれば提出する必要はあります。

収入証明書の提出条件とは?
  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • 希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合

希望借入額が少なければ収入証明書の提出は求められませんが、稀に返済能力に不安がある人は少ない借入額でも収入証明書が必要になる場合もありますので、注意してください。

審査項目の基準を満たしているのか?

プロミスの申込完了後に審査項目を気にしても遅いかもしれませんが、プロミスの審査で重要視される項目は覚えている方が良いです。

審査項目
  • 信用情報にキズがあるのか?
  • スコアリングは高いのか?

プロミスは申込者が過去に「返済の遅れ」「債務整理の有無」などが無かったのか「信用情報のキズ」を探します。

プロミスが信用情報を照合する機関は「JICC」「CIC」の2つで、ほとんどの消費者金融や信販会社などが加盟しているので、信用情報のキズがあればすぐに分かります。

あと、属性スコアリングが基準に達しているのか確認しますが、属性スコアリングは「雇用形態」「勤続年数」「年収」などの申込で記入した内容で判定されます。

スコアリングは機械的に点数化されるので良い条件ほど高得点になります。例えば、雇用属性は正社員や公務員が得点が高く、パート・アルバイトや自営業などが得点が低くなっています。

審査時間が遅くなる原因

プロミスの申し込みが受付時間ギリギリになってしまって、「なるべく審査に時間をかけたくない」と思う人も多いはず。

しかし、次に挙げる理由が審査時間を長引かせてしまう理由になってしまいます。

審査時間が遅くなる理由
  • 申し込みが混雑している
  • 在籍確認が上手く進まない
  • 他社の借入残高が多い

申し込みが混雑している

プロミスを申し込んだのはあなただけではなく、時期にもよりますが1ヶ月に「4万人~6万人前後」が申し込んでいるので、申込が多い時期や時間帯には審査時間が長引いてしまいます。

申込者が増える時期は「新生活が始まる前の3月や4月」「ゴールデンウィークの5月」「夏休み明けの9月」になります。

申し込みが混雑する時間帯は物入りになる週末の夜などで、なるべく混雑する時期や時間帯を避けた方が良いです。

在籍確認が上手く進んでいない

在籍確認ができる時間帯なのか?」の項目で解説したように、在籍確認が出来ない時間帯や勤務先から適切な対応がされないと審査時間が長引いてしまう原因になります。

申込者本人が在籍確認が対応できれば1番スムーズに進むので、申込完了後にプロミスに在籍確認の時間帯を指定できないのかなど相談されると良いです。

他社の借入残高が多い

プロミス以外に借入先が複数あると、プロミスの審査は返済能力を慎重にじっくりと調査するので、審査回答までの時間が遅くなります。

借入額が多いよりも借入件数が多い方があまり信用度は高くありません。1件から高額融資されるのは、それだけ返済能力があると判断されやすいからです。

複数社借りている中で少額融資だけ借りている会社は、なるべく完済している方が審査時間を長引かせない方法になります。